子どもからお年寄りまで安心して暮らせるまち 第4話

  • 2011.01.04 Tuesday
  • 22:58

今日は、舞鶴市長選におけるマニフェストのPart 4 「市民とともに歩む信頼できる市政」を説明いたします。

マニフェスト4.jpg

○ 市内高等教育機関や様々な大学等と連携交流し知恵を拡大


 日々変化する社会状況に対応すべく、市内高等教育機関や様々な大学等と連携交流を行うことで、舞鶴の実情に合わせた新たな施策を考案し、その実現を目指します。

○ 広域都市間ネットワークや企業等との連携による政策の多様化と充実。


 地方分権が進み、国からの権限移譲が進むことを想定し、また少子高齢化等に対応すべく、行政の枠に留まらず民間を含めた広域ネットワークでの連携を目指します。

○ 地域を支える公共人材の育成と市民活動への支援。


 地方分権が進み、地域の実情に合った行政が求められる中で、地域での人材育成を支援します。また、多様化する行政活動を市民の協力によって実現するために、市民活動を支援します。

○ 市民目線での行財政改革の実行と健全な財政運営。


 厳しい経済状況の中で、充実した市政を行うために、市民への説明責任を尽くし、市民目線での行政改革を行うことを約束します。安定した行政サービスを提供するため、議会と協力し健全な財政運営を実現します。

○ 地域主権時代に向けた市役所職員の能力開発と職員による地域活動の強化。


 地方分権時代の中で、市役所は国から言われたことを処理するのではなく、国へ提案し要求することも求められています。また、市の役割が増えることで、市民生活への影響はより大きなものになります。市役所は重い責任を担うべく、職員の能力開発を進めるとともに、市民目線で地域活動に参加し安心のまちづくりを目指します。

 私は、舞鶴共済病院とすこやかの森(従業員は合計で約600人)の運営(企業でいえば経営)を5年間経験しました。職員のモチベーションを高める工夫、人材を育成することの大切さ、性格や能力を考慮した適材適所配置、効率よく働くための工夫、上に立つ者の心構え(信頼と感謝、部下の成長を心から喜ぶ、部下からの提案には適切に対応すべきで、回答の無い却下は無能な上司である)等を意識して指導してきました。行政の仕事は、まさに「株式会社 舞鶴市役所」で、業種はサービス業と思っています。顧客は、市民および市内の事業者および官公庁であり、顧客が増えることは人口が増えること、沢山買ってもらうことは事業が順調で市税を多く納めてもらうことだと考えています。市民の顧客ニーズを聞き歩くのは市議会議員であり、企業や官公庁などのニーズを把握するのは市役所内の専門部署であると思います。顧客のニーズを整理して、優先順位を決定し、その要望に答えることができない場合は、その理由をしっかり回答すべきだと思っています。そして、1回目は受け入れられなくとも、改善点がクリアできれば復活する仕組みが必要だと考えています。希望や目標を持って働くことができる環境が必要です。私の信条である「努力が報われる社会」でなければならないと考えています。

ボタン(1).gif ボタン(2).gif ボタン(3).gif ボタン(4).gif ボタン(5).gif
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

舞鶴市長 多々見良三

顔写真.jpg

訪問者数

Twitter(ツイッター)

たたみ良三 オフィシャルサイト

オフィシャルサイトバナー

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM