最終話 病院再編問題および舞鶴市民病院問題の解決案

  • 2010.12.30 Thursday
  • 19:02


1.病院再編問題について

 
 舞鶴市の永い歴史からは、東西舞鶴のバランスを考慮した医療体制を構築することが求められている。東舞鶴の医療体制は充実しており、舞鶴医療センターおよび舞鶴共済病院には、引き続き独自の運営をお願いする。東舞鶴と比較すると西舞鶴の医療体制は不十分であり、舞鶴赤十字病院の急性期医療をより充実させ、若い医師が研修できる環境を整備する必要があり、舞鶴赤十字病院に対しては積極的な支援をする予定である。いずれにしても、現在舞鶴市内で勤務しているすべての医師、看護師などの医療スタッフが引き続き当地域で働いて頂けるような気配りが必要である。そのことには誠心誠意で対応したいと考えている。
 安易な支援は無駄に繋がると思われ、各々の病院の管理者と話し合い、当地域の医療に貢献して頂く案件については積極的に支援したいと考えている。健全な経営を目指す意識がある場合には積極的な支援をする。
医療に対する国および府からの補助金は、その趣旨を理解し公平かつ有効に利用するために,その問題の解決には舞鶴医師会をはじめとし関連する方々としっかり話し合い、その結論は公開を原則とする。また、補助金が関連した案件につきましては、その期限内に結論を出して、目的が達成するように努力する。将来的に舞鶴市民病院を除く3病院が上部団体の管理から外れた時に1つに纏めるべきであると考える。



2.市立舞鶴市民病院問題について

 
 この問題はまさに舞鶴市の問題であり、独自で解決に導く所存である。一般的に、病院の外来機能は入退院の窓口であり、療養病床のみの病院において専門外来は必要ない。当面は療養病床の運営を主たる役割とし、専門外来については他の3病院および診療所に割り振りをする予定である。専門外来を手伝って頂いている医師には、他の3病院への支援をお願いする予定である。いずれにしても、私が医療人として、舞鶴市民病院の職員と腹を割って話をして、舞鶴市民にとって役に立つ、そして効率の良い運営をする。また、当然のことながら、市民病院職員の雇用は守る。



3.医師確保対策について

 
 私の立場は舞鶴市を守る、舞鶴市全体の医療を守ることが使命であり、各々の病院の管理者と話し合い、どの診療科を補強したいのか、その考えが舞鶴市の医療にどのように貢献するのか、そして実現可能なのかについて検討して、分け隔て無く医師確保に奔走する。幸いにも、私には多くの医学部(金沢大学、福井大学、金沢医科大学、岡山大学、京都府立医科大学、京都大学、近畿大学、関西大学など)に人脈があり、各々の病院が必要とする医師が舞鶴市にとって役立つと考えた場合には、どの病院のためにもその獲得に奔走する
 現在の舞鶴市のやり方と決定的に異なるのは、医療現場の方々と話し合い、まさに医療現場でのツールであるインフォームド・コンセント(説明同意)を取り入れる。人材の適材適所配置、各々の部署や個々人の仕事の質と量を考慮して、効率の良い運営を行う。

 最後にこれらの解決策については、社団法人舞鶴医師会並びに京都府医師連盟の同意を得ている。


ボタン(1).gif ボタン(2).gif ボタン(3).gif ボタン(4).gif ボタン(5).gif
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

舞鶴市長 多々見良三

顔写真.jpg

訪問者数

Twitter(ツイッター)

たたみ良三 オフィシャルサイト

オフィシャルサイトバナー

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM