ドクターTのひとりごと

  • 2016.06.04 Saturday
  • 12:12
その34 「京都府北部5市2町が連携した地方創生の取り組み」

京都府北部地域は日本海と丹後・丹波の山々に囲まれた自然豊かな地域である。日本海から深く入り組んだ若狭湾は千年以上にわたり都が続いた京都市内から北に僅か100キロメートルの位置にあり、古くから海を介して大陸の進んだ技術文化が導入された共通の歴史的背景を有する。安土桃山時代には福知山には明智光秀が、舞鶴には細川幽斎が領主となり城下町文化が栄え、この史実に基づき京都府北部5市を含む10市2町でNHK 大河ドラマ誘致活動が積極的に行われている。また、昨年7月には北部地域が観光庁より「海の京都観光圏」に認定され、海フェスタ京都も5市2町が協力のもと盛大に開催された。このような連携ができるのは古くから当地域の人々は互いに交流しながら暮らしてきたからである。
 近年、当地域の全ての市町が人口減少時代に入り、若い世代が定着する活力ある地域づくりが求められている。そうした中、平成23年に京都舞鶴港が日本海拠点港に選定され、さらに、本年は高速道路ネットワークが完成し、北部地域が強固な連携が可能となり大きく飛躍する時代を迎えた。そこで、平成27年4月に「京都府北部地域連携都市圏形成推進」が宣言され、5市2町を人口30万人の一つの生活圏として、観光、教育、医療、経済などの多分野において、連携・協力することで、都会にはない豊かで文化的な生活環境を持った圏域とする方針に沿って、地方創生の取り組みが大きく動き出している。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

舞鶴市長 多々見良三

顔写真.jpg

訪問者数

Twitter(ツイッター)

たたみ良三 オフィシャルサイト

オフィシャルサイトバナー

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM