行財政改革 その6

  • 2015.02.07 Saturday
  • 22:20
26年度から期末手当と勤勉手当の算定の基礎額に管理職手当を入れました。よその自治体では既に実施しており、舞鶴市が遅れていたということですが、人事評価制度を導入するにあたって、皆さんに労務管理と業績評価など、プラスアルファの仕事が加わる一方、管理職ですから時間外手当は出ない。その中で何か労務に報いるものがないかということで、今年度から期末・勤勉手当に管理職手当を入れました。頑張っている人が報われるということは当然ですし、またどういったことが「頑張っている」と評価されるのかという評価のあり方を検討することも大事だと思っております。出来るだけ優秀な職員を雇い、そして優秀な職員をさらに優秀に育てるということが組織運営上、すごく重要で、まちづくりは人づくり、人づくりはまちづくりです。機械はまちを作ってくれませんので皆さん方の創意工夫、部下とのコラボレーションで仕事のはかどりが変わってくると思います。 → その7に続く
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

舞鶴市長 多々見良三

顔写真.jpg

訪問者数

Twitter(ツイッター)

たたみ良三 オフィシャルサイト

オフィシャルサイトバナー

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM