ドクターTのひとりごと

  • 2015.01.15 Thursday
  • 13:51
その29 地方創生を実現するには

 政府は地方創生を成長戦略としているが、私は「心豊かに暮らすために必要な環境を整備することによる地方活性化策」と考えている。
 19世紀以降、電気や石油などの燃料革命が起こり、それに付随してさまざまな科学技術が急速に進歩し、昔と比較すれば衣食住は劇的に改善した。しかし、東京に代表される大都会は一見華やかであるが、コンクリート建造物が乱立し、人の温もりが感じられない殺風景な街だと私は思っている。経済が最優先され、利便性や効率を重視し、利益や成果が要求される社会に順応できない人達がいることは容易に想像できる。お金や利便性が人に幸福感を与えるとはとても思えない。むしろ、競争心を煽られ、心が休まることなくストレスに曝される。
 「地方で心豊かに自分に合ったリズムで暮らしたいと思う人達に定住を促す政策」が地方創生の鍵となる。
 豊かな自然、歴史、伝統文化、芸術などに触れ、新鮮な魚や野菜を食することができ、都会並みの教育・医療レベルを有し、衣食住の経費が都会より安ければ、少ない収入でもゆったりとした生活ができると思う。
 私は、これらの環境を提供できる地方都市が地方創生に成功すると考えている。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

舞鶴市長 多々見良三

顔写真.jpg

訪問者数

Twitter(ツイッター)

たたみ良三 オフィシャルサイト

オフィシャルサイトバナー

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM