管理職に対する人事評価制度試行について

  • 2014.05.08 Thursday
  • 20:37
私は、平成23年2月に、市長に就任し、舞鶴市役所に入りました。私の舞鶴市役所の職員の第一印象は、行政マンとして、各部署それぞれに、プロ意識を持った優秀な職員が多く居ると実感いたしました。しかしながら、部や課の横連携が弱い、慣習に流され易い、コスト意識が薄い、事業のスクラップ&ビルドが苦手である等の感じも受けました。こうした背景には首長も含め理事者側にも責任があるとも感じているところです。
ならば、どうすべきなのか? 一般的に、会社には企業理念、基本方針なるものがあります。トヨタには創始者の豊田佐吉翁が作った豊田綱領があり、この方針は100年以上経過した今でも十分通用する理念であります。
それは、
1 上下一致、至誠業務に服し、産業報国の実を挙ぐべし
1 研究と創造に心を致し、常に時流に先んずべし
1 華美を戒め、質実剛健たるべし
1 温情友愛の精神を発揮し、家庭的美風を作興すべし
1 神仏を尊崇し、報恩感謝の生活を為すべし
私が勤めていた舞鶴共済病院にも病院理念、基本方針を全職員に示していました。要するに、組織には理念、方針があって当たり前です。
全職員が一致団結して、「こんな舞鶴市役所にして、市民の役に立ちい!」、そのためには「私たちは、こういう職員にならなければならない!」という「共通の目標」を明確にすることができれば、もっと、市民から信頼される市役所の職員として、市民の期待に応えられることができるのではないかと、考えたところであります。
このような経過から、私は、就任早々に、担当課に、「全職員が共有できる、目指す組織像や職員像はできないものか。」と指示しましたところ、担当課からは、「本市には、未だ、人材育成を図る基本方針というものがない。多くの市民の意見を聞き、それをもとに、職員で議論を重ね、市役所の存在意義、職員の存在価値について、もう一度、原点に立ち返って、考えてみたい。」という提案がありました。私も、こういった対応に大賛成でありまして、1年の期間を要しましたが、目指す組織像「市民に信頼され、市民の役に立つ市役所」というスローガンのもと、皆さん、ご存知の「職員像3つ」を掲げることが、できたものであります。
言うまでもありませんが、少しでも、市民の満足を高める市政をつくり上げるには、市職員が創意工夫を重ね、市民のため、地域のため、持てる力を最大限に発揮することが、何よりも、重要になっております。全職員862名、一人ひとりの意識と行動こそが、市政に対する市民の満足度を、左右してしまう、ということ、このことを肝に銘じて頂きたい、と考えております。
さて、来年度から、先ず、管理職を対象に、人事評価制度を導入したいと考えています。既に、担当課から説明させて頂いている通り、職員間に差をつけるものではありませんし、給与や任用などの処遇に差をつけることだけを目的とした短絡的な評価ではありません。このことは、明言しておきますし、理解して頂いているものと認識しております。
本市の人事評価制度は、職員一人ひとりの能力や行動、仕事ぶりを評価して、今の状態がどうであるか、フィートバックすることによって、気づきを与え、自学に働きかけ、職員の能力開発、人材育成に役立てることに、主眼を置いたものであります。職員の能力開発を図り、市役所の組織力を高め、市民サービスの向上に繋げる、人事評価であり、お集まりの管理職の皆さんには、このツールを、ぜひとも活用いただき、各セクションにおいて、舞鶴市役所に相応しい、人材の育成に、鋭意、取り組んでもらいたいと、考えております。
最後に、もう一言、述べます。
人事評価制度の運用を始めると、「評価すること自体」が、目的化してしまう可能性があります。評価すること自体が目的ではありません。評価によって、何を得ようとしているのか、ここが重要です。評価結果が良かった場合でも、悪かった場合でも、職員はどうすればよいのか、十分に発揮できなかった能力をよく発揮するためのアドバイス、よく発揮した能力であれば、それを褒めると同時に、より一層発揮するためのアドバイス、目標を達成できなかった場合には、その原因を克服するために必要な指導など、きめ細やかなフィードバック、これこそが、管理職の皆さんには、求められています。このように、評価結果を踏まえた丁寧なフォローアップこそが、人事評価を通じて、職員一人ひとりの人材育成を図るという観点から、とても重要であることを踏まえて頂きたいと存じております。
舞鶴市の組織目標「市民に信頼され、市民の役に立つ市役所」に資する有能な職員集団を、舞鶴市役所に築いていくには、どうすればよいか、そのためには職員の人材育成をどのようにすればよいか、人材育成に連動した評価をどのように考えるか、常に自問して、人事評価制度を運用して頂きたいと存じております。
舞鶴市役所は人事評価制度の導入が京都府内で遅れている。人が人を評価することに重い責任を感じるが、避けて通れない。絶対評価か相対評価のいずれか?
公務員の人事評価制度は信賞必罰ではない。26年度は試行であり、また、評価者訓練を繰り返し実施する。勇気と責任をもって、評価を行ってください。人事評価という、「OJT」を通じて、管理職である皆さんの、更なる、マネジメント能力の向上を期待しております。


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/05/05 6:48 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

舞鶴市長 多々見良三

顔写真.jpg

訪問者数

Twitter(ツイッター)

たたみ良三 オフィシャルサイト

オフィシャルサイトバナー

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM