ドクターTのひとりごと

  • 2014.04.28 Monday
  • 23:26
その18「舞鶴の未来像」

舞鶴市は、西地区は安土桃山時代から続く城下町として、東地区は明治34年に開庁された海軍鎮守府に由来する港町として、おのおのに多くの歴史・文化資源を有し、山、川、里、海の豊かで多彩な自然と美味しい海の幸、山の幸がある誇れるまちです。現在、我が国では少子高齢化、人口減少、地域コミュニティーにおける絆の希薄化などが進行し、地方の元気がドンドン失われています。そうした中、?舞鶴で生まれ育った若者が引き続き舞鶴に住み続けたいと思えるまち?定年後に故郷に戻って住みたいと思えるまち?訪れた人がまた行ってみたくなるまちを目標として、さまざまな施策に取り組んでいます。舞鶴若狭自動車道は平成26年夏に全線開通予定で、その区間にある綾部西舞鶴間の4車線化工事も来年度から開始されます。さらに、平成26年度には京都縦貫自動車道も全線開通し、関西圏の高速道路ネットワークが遂に完成します。そして、舞鶴国際ふ頭などの港湾整備、港に連絡する国道27号西舞鶴道路などの整備、白鳥トンネル4車線化による東西間の移動時間短縮など、舞鶴市が近未来に大きく発展する基礎が出来上がります。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

舞鶴市長 多々見良三

顔写真.jpg

訪問者数

Twitter(ツイッター)

たたみ良三 オフィシャルサイト

オフィシャルサイトバナー

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM